「タイ全土で外出禁止令が解除」タイ国内で発生しているクーデターの最新状況

現在、クーデター中ではございますが、内見受けは随時受け付け中でございます。別段大きなトラブルはございませんので、ご安心してタイへお越しくださいませ。

2014.5.22 タイのクーデターに関する当社の見解

お客様各位

平素より、グローバルビジネスネットワークグループをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

タイ国内で発生しているクーデターの最新状況についてご報告いたします。

6月13日金曜日、タイ全土で外出禁止令が解除となりました。これに伴い、現在はBTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)などの運行も平常通りに戻っています。重要拠点はタイ陸軍兵士が常駐でおりますが、治安面に関しても問題は見られません。

クーデター発生以降も、タイ国内では大きな混乱は起きておりません。1970年以降で10回を超えるクーデター(今回は13回目)をタイ国民は経験しており、クーデター後に政局が良くなることを実体験として持っているからでしょう。通例では、数か月から1年以内に民政化プロセスに入ります。

実際に、新聞各紙などによる景況感の論調も改善傾向にあります。前インラック政権が主導し頓挫していたコメ買取制度の未払い問題も、クーデターの翌週には支払いが開始されました。経済の指標となる株価も、5月頭の年初来高値を更新し、更なる上昇気配も見せ始めています。観光客の減少は懸念される点ですが、現在のところ、概ね大きな影響は見せておりません。

今後、情勢に変化があり次第、皆様へ再度配信させていただきます。

今後ともグローバルビジネスネットワークグループをよろしくお願いいたします。

株式会社タイ・グローバルビジネスネットワーク
代表取締役 板野雅由

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS